8August

Gallery

1

8

15

22

29

2

9

16

23

30

3

10

17

24

31

4

11

18

25

5

12

19

26

6

13

20

27

7

14

21

28

スケッチボード展 2日㈭〜7日㈫ ●川手 立 久保田寛人・鎌倉正之 二人展 テーマ「平面から立体へ」 9日㈭〜21日㈫ ※8月13日㈪午前中 休・8月15日㈬ 休 ●鎌倉正之 オノサトトシノブ展 23日㈭〜9月4日㈫ 第21回 山村がどう生きるか 三沢亜紀(NPO法人飯田自然エネルギー山法師事務局長・環境カウンセラー) 高橋寛治(地域プランナー) 30日㈪ 7:00〜 ※定員20名

川手 立がスケッチした10点のボードとそれに関わるスケッチ、仮面、靴などでスペースを盛り上げている。わからないことは聴きながら自分で判断して行動する、自立の精神をもった16歳の少年の展覧会である。何とすがすがしい事か。こんな事をくり返しながら障がいをかけて本当にやりたい事に出あうのであろう。

平面と立体の境界をテーマに、自分の生活空間の中で身近な素材を組み合わせて絵画、木彫、ペン画などで表現した。

父親の転居市内大久保町にて生活した。

オオクボトシノブの幾何学模様のパターンが複雑に展開する抽象画22点を展示。

1931年に津田青楓塾に入塾、35年に黒色洋画展で抽象表現にとりくみ始めた。42年に出征、シベリア抑留を経験し48年に帰国。再び抽象表現カラフルな色彩で円と四角を規則的に配置した作品などを生涯重ね続けた。

サムホール22点。

 

Gallery
スケッチボード展 2日㈭〜7日㈫ ●川手 立 久保田寛人・鎌倉正之 二人展 テーマ「平面から立体へ」 9日㈭〜21日㈫ ※8月13日㈪午前中 休・8月15日㈬ 休 ●鎌倉正之 オノサトトシノブ展 23日㈭〜9月4日㈫ 第21回 山村がどう生きるか 三沢亜紀(NPO法人飯田自然エネルギー山法師事務局長・環境カウンセラー) 高橋寛治(地域プランナー) 30日㈪ 7:00〜 ※定員20名 スケッチボード展 2日㈭〜7日㈫ ●川手 立
久保田寛人・鎌倉正之 二人展 テーマ「平面から立体へ」 9日㈭〜21日㈫ ※8月13日㈪午前中 休・8月15日㈬ 休 ●鎌倉正之
オノサトトシノブ展 23日㈭〜9月4日㈫
第21回 山村がどう生きるか 三沢亜紀(NPO法人飯田自然エネルギー山法師事務局長・環境カウンセラー) 高橋寛治(地域プランナー) 30日㈪ 7:00〜 ※定員20名
スケッチボード展 2日㈭〜7日㈫ ●川手 立 久保田寛人・鎌倉正之 二人展 テーマ「平面から立体へ」 9日㈭〜21日㈫ ※8月13日㈪午前中 休・8月15日㈬ 休 ●鎌倉正之 オノサトトシノブ展 23日㈭〜9月4日㈫ 第21回 山村がどう生きるか 三沢亜紀(NPO法人飯田自然エネルギー山法師事務局長・環境カウンセラー) 高橋寛治(地域プランナー) 30日㈪ 7:00〜 ※定員20名
スケッチボード展 2日㈭〜7日㈫ ●川手 立
久保田寛人・鎌倉正之 二人展 テーマ「平面から立体へ」 9日㈭〜21日㈫ ※8月13日㈪午前中 休・8月15日㈬ 休 ●鎌倉正之
オノサトトシノブ展 23日㈭〜9月4日㈫
第21回 山村がどう生きるか 三沢亜紀(NPO法人飯田自然エネルギー山法師事務局長・環境カウンセラー) 高橋寛治(地域プランナー) 30日㈪ 7:00〜 ※定員20名